桃山時代の織部網干文扇面火入です。本来、向付だったものを火入として見立てたものと思われます。

扇面形の深向付です。 美濃の一般的な白土と、鉄分を含んだ赤土の二種類の土を繋ぎ合わせ上下に二分割した、いわゆる鳴海織部(なるみおりべ)と言われるものです。口辺部付近には白土を使い、その上に緑釉を掛けています。緑釉の部分より下は赤土にし、白泥と鉄絵で網干・線状文等を描き、透明釉を掛けています。底面は碁笥底(ごけぞこ)です。

織部焼きならではの、斬新な装飾性が輝きます。風流で奇抜な造形は、それまでのやきものの枠を打ち破った日本の独自性があり、桃山茶陶の精神性と美意識が感じられます。革新的なエネルギーが感じられる華のような器です。

キズも無く、内側の赤土の部分にも透明釉が掛かっていますので、ビールや焼酎のお湯割り等の酒器としてもお使いになれます。


※出光美術館の図録「志野と織部」に掲載されています類品の図版を参照ください。

特筆すべきキズはありません。

幅82mm×横70mm×高さ102mm

お買上げありがとうございます。