鎌倉時代の銅造毘沙門天立像です。

ダイナミックな動きのある力強い造形の像です。
引き締まった像容と、古銅の味わいは、鎌倉時代の仏像が持つ特徴を伝えています。
凛々しい表情からも分かるように、細部にまで神経の行き届いた造形は、小像ながら鑑賞するに充分な存在感を発しています。
見つめていると、古(いにしえ)の時代に仏像に厳しく向き合う仏師の心が、伝わってくるようです。
座辺に置いて眺めていれば、この像が発している力強さが、日々の心の支えになってくれるでしょう。

仏像の大きさ 高さ83mm×幅40mm×奥行26mm


お買上げありがとうございます。