桃山時代の絵志野菊形皿です。

桃山から伝えられて来た時の流れを感じさせるような、風格ある、堂々とした景色です。
淡雪が降り積もったような、ふんわりとした白い釉薬の上に、勢いのある筆でのびのびとした鉄絵が描かれています。
それはまるで
雪の合間から見え隠れする雪景色のようです。
赤褐色の焦げ(火色)と、柚子の皮のような肌の表情(柚子肌)とが対比し、かつ、調和し、生き生きとした表情が現われています。
菊形のダイナミックな力強い造形と、潤いのある肌を持つ、見所の多い絵志野の皿です。
鑑賞用としてはもちろんですが、茶席の器として用いても、その存在感を発し、眼を楽しませてくれるでしょう。

矢印Aの部分に小さな釉ハゲが、矢印B・Cの部分に小さなカケがありますが、景色に溶け込んでいます。皿全体に少し反りがありますが、置くと安定していますので、使うにあたって気になるものではありません。

直径175~170mm×高さ35~30mm

お買上げありがとうございます。