「ぎゃらり 壺中天」 名古屋市の古美術店
「大乗寺 円山派デジタルミュージアム」大乗寺は、応挙寺と呼ばれ、客殿には円山応挙と2人の息子、呉春をはじめとする10人の弟子たちによって描かれた襖絵が 165面と多くの作品保存されており、それらすべてが国の重要文化財に指定されています。これらの作品を覧いただけると同時に、作品が織り成す宗教的思想空間(立体曼荼羅)を体感できます。
   
高校時代の同級生が、埼玉県さいたま市で経営しているデザインスタジオです。